JA
新車 中古車 サービス一覧 店舗情報

SF90 Stradale

プロダクション・スーパーカーの新シリーズ

スクーデリア・フェラーリをレファレンスした史上最強のフェラーリ・モデル

フェラーリ初のPHEV(プラグイン・ハイブリッド電気自動車)であるSF90 Stradaleを発表したことにより、フェラーリの歴史における新たな章がスタートしました。

この新型Ferrari SF90 Stradaleは、あらゆる面において究極のレベルを実現させた1台です。量産車に搭載したV8エンジンがそのカテゴリー内のみならず、同社のモデル・レンジ中でも空前のパフォーマンスを実現させて頂点に君臨するという今回の状況は、フェラーリの歴史を振り返っても過去に例がありません。最高出力は1,000 cvで、パワーウエイト・レシオは1.57 kg/cv、ダウンフォースは、速度250 km/hの時点で390 kgにおよびます。

SF90 Stradaleに搭載される、バンク角90°のV8 ターボ・エンジンは、フェラーリの8気筒エンジンとしては史上最高の出力となる780 cvを発生します。そして、残りの220 cvは、3基のエレクトリック・モーターによって生み出されます。1基は、F1由来のMGUK(モーター/ジェエレーター・ユニット、キネティック)で、エンジンと新しい 8速デュアルクラッチ・トランスミッションの間に搭載されて後輪を駆動。残りの2基は、フロント・アクスルに搭載されます。高度な制御ロジックを採用しているため、4つのパワーユニット・モードのいずれかを選択するだけで、エンジン、エレクトリック・モーター、バッテリー間のパワーフローが適切に制御されます。

  • 種類 V8ターボ・エンジン(バンク角90°) – ドライサンプ
  • 総排気量 3990 cc
  • 最高出力* 780 cv/7500 rpm
  • 最大トルク 800 Nm/6000 rpm
  • 比出力 195 cv/l
  • 最高許容回転数 8000 rpm
  • 圧縮比 9.5:1
* オクタン価98のガソリンを使用した場合
  • 最高出力(エレクトリック・モーター) 162 kW
  • バッテリー容量 7.9 kWh
  • 最大航続距離(電力使用時) 25 km
  • 全長 4710 mm
  • 全幅 1972 mm
  • 全高 1186 mm
  • ホイールベース 2650 mm
  • フロントトレッド 1679 mm
  • リヤトレッド 1652 mm
  • 乾燥重量** 1570 kg
  • 前後重量配分 45%(フロント) - 55%(リヤ)
  • トランク容量 74 l
  • リアシェルフ容量 20 l
  • 燃料タンク容量 68 l (2リザーブ)
** オプション装備を装着した場合
  • フロントタイヤ 255/35 ZR 20 J9.5
  • リアタイヤ 315/30 ZR 20 J11.5
  • フロントブレーキ 398 x 223 x 38 mm
  • リアブレーキ 360 x 233 x 32 mm
  • 最高速度 340 km/h
  • 0-100km/h加速 2.5 秒
  • 0-200km/h加速 6.7 秒
  • 100-0 km/h制動 <29.5 m
  • パワーウエイトレシオ 1.57 kg/cv
  • フィオラーノでのラップタイム 79 秒
  • 8速、F1デュアルクラッチ・トランスミッション  
  • eSSC: E4WD(eTC, eDiff3)、SCME-Frs、FDE2.0、EPS、高性能ABS/EBD(エネルギー回生機能付き)
  • 車両はホモロゲーション申請中のため、現時点では公式な値が存在しません。  

このSF90 Stradaleは、4WDシステムを搭載したフェラーリ初のスポーツカーでもあります。ハイブリッド・パワートレーンが生み出す圧倒的なパワーをこの4WDシステムが各輪にしっかりと配分するため、静止状態からの発進において、この車は新たなベンチマークを打ち立てました。0-100 km/h加速のタイムは2.5秒で、0-200 km/h加速のタイムは6.7秒です。

革新的な装備としては、ほかにもシャットオフ・ガーニーがあります。リアに備わった、特許取得済みのアクティブ制御システムであり、アッパー・ボディを流れるエアフローを制御して、直進走行時やステアリングをわずかに切った際の空気抵抗を抑制します。また、コーナリング中やブレーキング時、さらには進行方向が変わる場合など、優れたパフォーマンスが要求される場面で車両のダウンフォースを増大させます。

スタイリングに着目した場合、ミッドリア・エンジンレイアウトを採用したこのスポーツ・ベルリネッタのプロポーションは、20年前の360 Modenaを完全に刷新したものであると同時に、フェラーリの最近のスーパーカーにインスパイアされたものでもあります。それを明確に示しているのは、空気抵抗の低減を図るべく、コックピットの前面投影面積が小さくなっている点、また、コックピットの位置が車体の前方寄りになっている点です。これらの変更は、乗車時の快適性をまったく犠牲にしていません。

さらに、「視線は路面、両手はステアリングホイール」というサーキット由来の思想も初めて重視され、インテリアのエルゴノミクスとスタイリングに大きな影響がもたらされました。そのため、HMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)とインテリア・レイアウトのコンセプトが、これまでのモデルとは完全に異なっています。

ステアリングホイールにはタッチパッドとハプティック・ボタンが備わりました。これらを利用することで、ドライバーは親指だけで車両の様々な機能を制御することが可能です。中央のインストルメント・クラスターは完全にデジタル化されており、ステアリング・ホイールに設けられたスイッチ類ですべての設定・操作が行える、16インチの高解像度曲面ディスプレイを備えています。SF90 Stradaleは、このディスプレイを採用した初めての車両です。

今回フェラーリでは、初めてふたつの仕様をご用意しました。ひとつは標準仕様車、もうひとつはスポーツ性をいちだんと強化した Assetto Fioranoです。Assetto Fioranoには、GTレーシング由来の特別なマルチマチック・ショック・アブソーバーに加え、カーボン・ファイバー(ドアパネル、アンダーボディ)やチタン(スプリング、エグゾースト・ライン全体)などの高性能素材を利用した超軽量なコンポーネントが備わっています。こうしたコンポーネントを用いたことで、車両全体で30 kgの軽量化が実現しています。大きなダウンフォースを生み出す、カーボン・ファイバー製のリア・スポイラーが備わる点もこのモデルの特徴のひとつです。

Ferrari SF90 Stradale についての詳細はこちら

スペシャルサイトへ
Ferrari Personalisation

パーソナライゼーション

フェラーリ・パーソナライゼーション・プログラムで貴方ならではのフェラーリに…... 詳細
Ferrari 7 Years Maintenance

7年間メンテナンス・プログラム

新車購入時から7年間無料の定期メンテナンス 詳細
Ferrari Financial Services

ファイナンシャル・サービス

あなたの夢をサポートします お問い合わせ
お問い合わせ お問い合わせ Web Special Web Special