JA
保存する
新車 中古車 サービス一覧 店舗情報

F430 Spider

ピニンファリーナとフェラーリのデザイン部門とのコラボレーション...

Ferrari F430、性能とエレガンスの完璧な統合

2005年のジュネーブモーターショーで発表されたF430 Spiderは、マラネッロのオープントップカーを常に際立たせてきたアグレッシブな性能と独自のエレガンスを現代的にバランスさせています。

F430 Spiderはクーペ仕様と同様、F1の世界から高水準の技術を取り入れているため、卓越した存在であると言えます。それを証明するのが、電子制御ディファレンシャルとステアリングホイール上の“Manettino”です。ドライバーがこの“Manettino”を操作することにより、ドライビングに関連する各種の機能が可能な限り迅速かつ効果的に調節されます。

ルーフのないスパイダーは、重量を著しく増加させずに構造剛性をできるだけ高くすることが従来からの課題です。強化対策が入念に行われた総アルミ製ボディのFerrari F430 Spiderは、F430と同じレベルの性能と安全性を提供します。オープントップでマラネッロ特有のV8サウンドを楽しみたいと思うすべての人々にとっては、認定中古車であっても絶好のソリューションになります。

Higashinada-ku Kobe-shiにおけるF430 Spiderの在庫確認はこちらから

今すぐ検索する
  • タイプ ミドシップ縦置き・90度 V型8気筒
  • 総排気量 262.9 cu in
  • 最高出力 360.3 kW (490 CV) at 8500 rpm
  • 最大トルク 465 Nm (343 lbft) at 5250 rpm
  • 圧縮比 11.3:1
  • 全長 4512 mm
  • 全幅 1923 mm
  • 全高 1234 mm
  • 乾燥重量 * 3130 lb
  • 総重量 * 3351 lb
* ヨーロッパ仕様
  • 最高速度 193 mph以上
  • 0-100 km/h 4.1秒
  • 燃料消費量 15.2 l/100 km
  • CO 2 排出量 345 g/km
** ECE + EUDC combined cycle. HELE システム併用

F430 SpiderのV8でF1のすべてを体験

Ferrari F430 Spiderは、高性能で軽量かつコンパクトなV8エンジンを横置きしています。これは、ゲスティオーネ・スポルティーバが開発した自動車のノウハウを基に実現されたもので、2000年代のF1においてはフェラーリの成功を支えました。

F430 Spiderのエンジンは、最高出力490 cv/8,500 rpm、最大トルク465 Nm/5,250 rpmを発生します。最大トルクについては、エンジン回転数が3,500 rpmの時点でその80%を利用することが可能です。

ソフトトップであるにもかかわらず、ミッドシップエンジンは外部からの目視が可能

Ferrari F430 Spiderは、当時としてはユニークな特徴を備える1台です。つまり、自動開閉式の精緻なルーフを備えるとともに、ミッドシップエンジンを外部から見えるようにした唯一のモデルになります。

フォールディングルーフシステムにはコンパクな収納を実現させるため、独自に考案された素材が使用されています。また、ルーフの開閉に要する時間はわずか20秒です。

シャシーに寄与するアルミニウム技術

F430 Spiderのシャシーは、重量を増加させることなく、優れた構造剛性を実現させ、高度な乗員保護基準をクリアできるようするアルミニウム技術を最大限に活用しています。強化されたドア構造、ドア付近のフェンダー内部エレメント、格納式アームレストの位置、深さが増した新しいシートにより、サイドエアバッグを使用しなくても高度な安全性を確保できていることが側面衝突試験によって示されています。

Higashinada-ku Kobe-shiにおけるF430 Spiderの在庫確認はこちらから

今すぐ検索する

オープンエアでの快適なドライビングプレジャー

Ferrari F430 Spiderの風洞実験においては、車内のエアフローを分析することが特に重視されました。F430 Spiderは航空音響学的な快適性を備えるため、高速走行時にドライバーと他の乗員が快適に会話を交わすことができます。各種の実験技術と流体力学の計算を用いながら、車内の乗員に作用する速度と圧力の分布を入念に分析した結果です。